« 黒き猫 | トップページ | 『螢』 »

2004.10.25

永青文庫

永青文庫へ行きました。今、永青文庫では「永青文庫の国宝」展が開催中で、この時期でしかみられない作品も展示されています。印象に残った作品は菱田春草筆「黒き猫」です。紅葉した柏の木の上にいて、こちらだか、あちらだかをじっと見つめる黒猫を描いた作品で、その瞳は薄金色に光っていました。見るもののすべてを見通すような、それでいて見守るような目をしていました。

永青文庫は見晴らしのよい緑豊かな目白台の一画にあって、今の時期は、敷地内にある紅葉前のカエデの緑がさわさわとして美しく、そこにいるだけで心落ち着く空間です。目白通りから和敬塾の横を入り、その脇の緩やかな下り道を歩くと、この建物が見えてきます。さらに建物を出て右へ進むと胸突坂の急な階段があって、ここを駆けおりると神田川沿いの道へと続きます。とても美しい散歩道です。

|

« 黒き猫 | トップページ | 『螢』 »

コメント

はじめまして.おけはざま といいます.

ぼくも先週の土曜日に永青文庫にいきました.
初めてだったのですが,気に入りました.
学校みたいですよね.

こんど行くときは胸突坂を降りてみます.

投稿: おけはざま | 2004.10.25 22:30

BigBanです。
いい場所を教えてもらいました。国宝の公開は11月21日までなんですね。
目白なら近いしぜひ行ってみたいと思いました。
胸突坂もアルバムで拝見するといいところですね。ぜひ歩いて見たいと思います。

投稿: BigBan | 2004.10.26 00:38

おけはざまさん、はじめまして!
私も初めて行きましたが、大満足でした。
内容が濃いですよね。
ゆったりと見ることができました。
この記事では書きませんでしたが、銀製胡人立像がかわいくて、とても心ひかれました。
できれば手元に置きたい作品です。
胸突坂、ぜひ今度降りてみてください。
これからもよろしくお願いします。
では、また!

投稿: chiiko(おけはざまさんへ) | 2004.10.26 07:25

BigBanさん、おはようございます!
そうなんです。展示期間がそれぞれ微妙に違っています。
永青文庫の建物自体も歴史と伝統を感じさせるものです。
私は護国寺の駅から歩きました。
あの一帯の雰囲気はとても落ち着きます。
恋人たちの歩く道という感じです。
訪問&コメントありがとうございます。
では、また!

投稿: chiiko(BigBanさんへ) | 2004.10.26 07:34

こんばんは。
ちょっと調べました。
東京には3箇所あるらしいです。
「胸突坂」。
でもここは、文京区関口。
椿山荘の
ちかくですね。
よく行きました。
櫻の咲く季節なんか神田川沿いの
散歩コースはいいですね。
緑がたくさんあって。
カミさんと何回か行きました。
そしてスコーンの美味しい
喫茶店があったり。
でも永青文庫は知りませんでした。
家から比較的近いので是非、
行ってみたいと思います。

投稿: face | 2004.10.27 21:12

faceさん、こんばんは!
faceさんも行ったことがあるんですね。
デートコースだったのですね。
もしかして江戸川ってここのことなのでしょうか。
文京区は緑が多くて、坂も多くて、歩いていると楽しいです。
この日は文京ふるさと歴史館というところへも行きました。
今「愛の手紙」展をやっていて、文学者の自筆の手紙等を展示していて、これもよかったですよ。
機会があれば出かけてみてください。
では、また!

投稿: chiiko(faceさんへ) | 2004.10.27 21:23

こんばんは。
あそこは
地下鉄の駅が近くにあって、
江戸川ではなくて
『江戸川橋』駅なんですよ。
あの川は確か神田川だと思います。

投稿: face | 2004.10.29 22:08

faceさん、おはようございます!
あそこは江戸川橋駅のことなのですね。
胸突坂の近くに新江戸川公園とか江戸川公園があったので
そうなのかなとふと思ったのです。
失礼しました。
あの歌はリズムがよくて、意味がわからないようでわかるようで、ひそかにいい歌だなと思ってました。
さらにきょう気づいたのですが、あれは高田渡さんの歌とも関係しているのですか。
あれとかこれとかわけがわからなくなってきました。
話はここらあたりで終わりにしたいと思います。
では、また!

投稿: chiiko(faceさんへ) | 2004.10.30 06:32

今晩は。chiikoさん。
今日ようやく永青文庫へ行ってきましたよ。
車で行ってしまったので、残念ながら周辺をゆっくり
歩くことはあまりできませんでしたが、展示物を
ゆっくり見てきました。
緑がとても懐かしく感じましたし、建物も風情が
ありますね。ありがとうございました。


中年のオバサンの団体が途中でざわざわと入ってきて
ちょっと落ち着きませんでしたが。

※何も国宝の前で、旦那の噂話を延々と始めることは
ないでしょうに!(苦笑)


投稿: BigBan | 2004.11.08 02:51

BigBanさん、おはようございます!
見に行かれたんですね。BigBanさんは行くとしたら車で行かれるだろうなと何となく思ってました。
あのあたりは緑の空間ですよね。

団体さんと途中で合流してしまったのですね。
笑ってはいけませんが、笑ってしまいます。
美術館へ行ってそこで居合わせる人とも一期一会ですよね。旦那様の噂話とか近況報告で盛り上がる方々っていますよね。私は同行する人がいても、ひとりで淡々と見て回るのが好きです。人それぞれということですね。

ご報告ありがとうございます。では、また!

投稿: chiiko(BigBanさんへ) | 2004.11.08 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/1767440

この記事へのトラックバック一覧です: 永青文庫:

» 江戸川公園 その1 [今日の事務所]
時々、仕事に疲れると、ぶらぶらと江戸川公園に散歩に出掛けるが、一休橋の近くにこんなもの(写真)があるのを先日見つけた。 柱に彫り込まれた溝が角落(かくおとし)... [続きを読む]

受信: 2004.11.11 00:49

« 黒き猫 | トップページ | 『螢』 »