« 満ちてゆく月ときょうのこと | トップページ | 長崎ちゃんぽん »

2004.10.23

詩人・川崎洋さん逝く

詩人・川崎洋さん逝く

ひとは いつか ここからきえてなくなる
かたちをなくして かたちないものになる
みえないもの きこえないもの かたちないものになる
そこにあるものになる うまれるまえそうであったように
かたちをなくして かたちないものになる 

人はいつかこの世から消えてなくなります。人の心に残るものを形として残せたら、それはとても幸せなことでしょうね。川崎洋さんは言葉の種をまき、花を咲かせて、実をみのらせました。

茨木のり子さんは『詩のこころを読む』のなかで川崎さんの詩をとりあげて次のように語ります。
「目にはっきり見えたり、耳に定かに聞こえたりはしないけれど、確かに存在するものに注意を集中するのも詩人の一つの特徴で、見えないものを視、聞こえないものを聴いたりします。
 幻聴や幻覚と紙一重のところで、もう少し冷静に。」
そして、次の詩を紹介しています。

 「言 葉」
演奏を聴いていなくても
人は
♪を耳の奥に甦えらせることができる
言葉にしなくても
一つの考えが
人の心にあるように
むしろ言葉に記すと
世界はとたんに不確かになる

私の「青」
はあなたの「青」なのだろうか?
あなたの「真実」は
私の「真実」?
          ──詩集『祝婚歌』

|

« 満ちてゆく月ときょうのこと | トップページ | 長崎ちゃんぽん »

コメント

そうでしたか…。

川崎洋さん好きです。
新聞の子どもの詩選評もなくなるのですね。残念。

投稿: あんず | 2004.10.23 07:41

あんずさん、おはよう。

あんずさんも川崎洋さんが好きなのね。
読売新聞でこどもの詩の選評をしていたようですね。
残念ですね。これからも川崎さんの詩を読んでいきたいと思います。では、またね!

投稿: chiiko(あんずさんへ) | 2004.10.23 07:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/1750804

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人・川崎洋さん逝く:

« 満ちてゆく月ときょうのこと | トップページ | 長崎ちゃんぽん »