« 半分の月 | トップページ | 読書の秋に想うこと »

2004.09.23

斎藤一人『ツイてる!』

斎藤一人さんの『ツイてる!』を読みました。今まで斎藤一人さんのことはよく知りませんでした。スリムドカンの人で、お金持ちの人、ということしか知りませんでした。情報に疎く、無知な私です。

至言の森の無名さんが斎藤一人さんの言葉を取り上げられていて、私はその言葉にとても感動し、著作を読んでみたくなりました。まずは『変な人が書いた成功法則』をと思ったのですが、思い立ったその日に行ったブックス代官山の店頭では見当たらず、最新刊の『ツイてる!』が平積みされていたので、これでよいかもと思い、さっそく購入して読みました。
斎藤さんの言葉は、シンプルですが、深いです。読んで心が軽くなります。人生を生きる上で役立つ本です。斎藤一人さんの言葉に今のこの時期に出会えて、私はほんとうにツイてます。

心にぐぐっときた言葉は幾つかありますが、なかでも感動したのは、「現在悩んでいることは一年後には消えてしまう」という言葉です。「悩みとは、自分ではどうにもできないこと」と斎藤さんは悩みを定義しています。
悩みとは、自分ではどうにもできないこと。自分ではどうにもできないことが、1年後にはどうにかなって、悩みが勝手になくなっている。悩みは時間が解決してくれる。時間が自分に味方をしてくれる。

私は悩むのが趣味、と言われるほど悩みの多い人間です。いつもどこからか悩みを見つけてきては悩んでいます。まずは1個大きな悩みがあって、そのほかに小さな悩みが10個ぐらいあります。ああでもない、こうでもないと、いつもいろいろ悩んでいるわけです。
しかし、よくよく考えれば、1年前に悩んでいたあの1個の大きな悩みは、今、跡形もなく消えています。さらに、1年前に悩んでいた小さな悩みの10個にいたっては、どんな悩みであったのか、まるで覚えていません。ということは、今、悩んでいるこの大きな悩みも、来年の今ごろは跡形もなく消えているということになります。これは目からうろこの、ものすごい気づきでした。心がすうっと軽くなりました。

これまでの凝りかたまっていた私の考え方が、ひょいと一回転して、新しく着地したような気分です。考え方が変わると、見える風景も変わる。斎藤さんの本を読んでの、これが率直な感想です。

斎藤一人さんの言葉に出会えて、私はほんとうにツイてます。
至言の森の無名さんに出会えて、私はほんとうにツイてます。
どうもありがとうございます。

|

« 半分の月 | トップページ | 読書の秋に想うこと »

コメント

うれしいお言葉ありがとうございます。

ついに買われたのですね!
彼の著作を読むと、不思議なことだけどほんとに心が軽くなりますよね。私は彼の本を紙製の精神安定剤と思っています。
最近でた『心が千分の一だけ軽くなる話』(角川書店)という本は、一人さんの講演が80分入ったCDつきの本で、このCDを聴くだけでも買う価値があります。

あと変な話なんですが、何があっても「ツイてる」とか「ありがたいな~」とかの言葉を言うクセをつけると、本当にラッキーなことが起きます。
私は実際にラッキーなことがたくさん起きてびっくりしています。
(この話は信じなくても構いません。)
chiikoさんに出会えたのも、一つの奇跡です。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 無名 | 2004.09.23 12:36

無名さん、こんにちは!
「紙製の精神安定剤」ってほんとうそうですね。
この本を読んで私、徐々に安定期に入ってます。
「ツイてる」は魔法の言葉ですよね。
私もこの本を読んでから多用してます。
効果抜群です。ほんとうにありがたいです。

きょうも先ほど散歩に行ってブックオフに寄ったら
新品同様の『変な人が書いた成功法則』が
格安で売られていて買いました。ラッキーです。
ほかにもラッキーなことはいろいろ起きてます。
だから、無名さんの身にラッキーなことが起きているというのは、ほんとうそうだろうなと思います。
よかったですね。
人との出会いは奇跡ですね。大切にしたいと思います。
きょうはここまで来ていただきありがとうございます。
とてもうれしいです。ではまた!

投稿: chiiko(無名さんへ) | 2004.09.23 16:50

こんにちは!
「現在悩んでいることは一年後には消えてしまう」という言葉、私も目から鱗です。
そんなに悩んだりしない方なのですが、一度悩みの迷宮に入り込んでしまうとしばらく抜け出せない‥‥‥なんかずっとその状態が続きそうで、さらに落ち込んでしまうのですよね。
うんうん、発想の転換が大事ですね♪

投稿: tipo | 2004.09.24 14:04

tipoさん、こんにちは!
tipoさんはあんまり悩まないけど迷宮入りするのですね。
今はもう抜けたのでしょうか。抜けていればよいですね。
さらに私、気づいたのですが、
悩みって、次の大きな悩みがやってくると、前の悩みはどこかに去っていきます。悩みは悩みじゃないのかも。
悩みがあるってある意味ぜいたくで幸せなことなのかもしれませんね。
どうもありがとう。では、またね!

投稿: chiiko(tipoさんへ) | 2004.09.24 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/1500406

この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤一人『ツイてる!』:

« 半分の月 | トップページ | 読書の秋に想うこと »