« 海が見たくて | トップページ | 半分の月 »

2004.09.22

雲のプール

空のうえ雲のプールは時に笑いが満ちあふれ
空のうえ雲のプールは時に涙がこぼれおち
あるとき雲のプールはわたしの涙でいっぱいになりました

あなたはなぜと一言たずねると 静かに涙をくみ出しはじめました
空のうえ雲のプールには二人しか乗れません
あなたは時々いなくなるけれど こういう時にはいてくれる

わたしの涙は消えてゆき 雲のプールはもとどおり
空のうえ雲のプールはふたたび風に吹かれていきました

|

« 海が見たくて | トップページ | 半分の月 »

コメント

こんにちは。

素敵な詩ですね。
心にじわりじわりとしみてきます。

またいろんな詩楽しみしてます。

投稿: 知恵蔵 | 2004.09.23 09:36

知恵蔵さん、どうもありがとう。
私の詩は自分でもよくわからない詩が多いのですが
なんだか書いてます。
これからもよろしくお願いします。
ではまた!

投稿: chiiko(知恵蔵さんへ) | 2004.09.23 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/1493026

この記事へのトラックバック一覧です: 雲のプール:

« 海が見たくて | トップページ | 半分の月 »