« 『アフターダーク』発売直前 | トップページ | ふたり見送る日 »

2004.09.06

去年の私からの贈りもの

 秋の夜は長くて静かです。秋は私と私が深く寄り添う季節なのだと思います。この夏は本をたくさん読みました。長かった夏休みも終わり、9月からはいつもの生活&仕事が始まりました。まだペースがつかめないでいます。去年の今頃の日記を読み返していたら、私、こんなことを書いていました。

夏の初めに世田谷の蘆花公園を訪ねました。10年ぶりの再訪です。 公園の一角に徳富蘆花の資料館があり、ふたたび引き寄せられるように足を踏み入れました。 館内には徳富蘆花の言葉がさまざま掲げられていて、その中のひとつに胸を打たれました。 「人間は書物のみでは悪魔になり、労働のみでは獣になる」 今、シンプルな自然の生活に戻るときが来ているようです。

 書物と労働、仕事と家庭、自由と仕事、2つのバランスをうまくとることが今の私には必要だと痛感しています。一日じゅう好きな本を読み、好きな音楽を聴いて生きていけたらどんなにいいだろうと思う一方で、それだけでは生きていけないのだろう、私の心は絶対に満足しないだろう。去年の日記を読んで大切なことを教わりました。やはり日記はつけておくものです。きょうは何の言葉も浮かばないので書かずにおこうと思いましたが、こうして書くことができてよかったです。これは今年の私から来年の私への贈りものです。

|

« 『アフターダーク』発売直前 | トップページ | ふたり見送る日 »

コメント

来年の君はこうあって欲しい。。。。
そう思う気持ちを形にするのが"目標"ですよね。
目標っていう言葉は、仕事ではある意味ノルマ
という言葉に置き変えられます。

しかし、私生活では今の延長線上で自分が描く
理想だと思ってます。

その理想との乖離を来年の今頃どう解釈するか。。。
その解釈が自分を成長させると信じてます。
来年の自分が楽しみになってきますね。

投稿: kent | 2004.09.07 02:10

kentさん、おはよう。
私は目標を描くのが苦手です。
仕事も私生活もなんだか漠然と今を淡々と過ごしてきました。
今まではそれでよいと思っていたけれど、
やっぱり思い描くことは大切だなと感じてます。
理想と現実はあるけれども、振り返って学ぶことは大きいです。
気持ちを形にすること。そこから始めようと思います。
今年の自分と来年の自分はつながっている!
ほんと来年の自分が楽しみです。
コメントどうもありがとう。ではまた!


投稿: chiiko(kentさんへ) | 2004.09.07 06:35

こんばんは chiikoさん

 chiikoさん 日記を付けているんですね。
素敵な事だと思います。
あの頃考えていた事・出来事を振り返って 今のchiikoさんがいると思います。

 私もつくづく もっと時間があったらいいのになぁと思います。
でも 私は不器用だから 1日24時間 1年365日がバランスいいのかな と思います。
好きな事だけをしていては 有り難味や大切な事を 知らず知らずの内に どこかへ置いて来てしまいそうな気がします。
辛い事・苦手な事もあって その中で 自分なりに 息抜きや楽しみを見い出したりしたいな と思っています。
のんびり出来る秋 ゆっくり この秋の風に吹かれ
冬を待つのも悪くないと思います。

投稿: あ~ | 2004.09.07 18:22

あ~さん、こんばんは。
日記といっても時々日記です。
記録をつけておくのはよいことだなと思います。
たとえ一言でも書いておくとその日のことが
何となく思い出されます。

そうね。楽しいことも辛いこともいろいろあって人生ですね。
のんびりゆっくり秋の風に吹かれようと思います。
ではまた~

投稿: chiiko(あ~さんへ) | 2004.09.07 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/1371803

この記事へのトラックバック一覧です: 去年の私からの贈りもの:

« 『アフターダーク』発売直前 | トップページ | ふたり見送る日 »