« 『アフターダーク』『シドニー!』 | トップページ | ゆらりふわふわ »

2004.08.07

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」

ずっと思っていること、人の心って多面体なのか球体なのかということです。私は自分自身の二面性についてよく考えます。それが時に悩みの種、時に喜びの種となっています。それで多面体なのか球体なのかということですけど、限りなく多面体に近い球体になりたいと思っています。いろいろな面を持っていてもそれらが一つの面でつながって、一つの丸い球みたいなひとつの心になればいいなと。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

この映画はおもしろいです。実在の天才少年詐欺師と彼を追うFBI捜査官を描いたクライム&ラブコメディです。生きるために詐欺師となった高校生フランク役を30歳のレオナルド・ディカプリオが演じてます。複数の人生を生きることはスリリングで楽しい。フランクには度胸と勇気があったから綱渡り人生をやってのけられたのでしょう。複数の人生を生きたい願望は私にもあるし、だれもが持っていると思います。人生にイフはないと言うけれど、もしパイロットだったら、もし医者だったら、もし弁護士だったら……、数限りないイフ。この映画を観ていると理屈抜きで楽しめて爽快な気分になります。イフ願望解消&達成映画なのかも。

共演はトム・ハンクス。監督はスティーブン・スピルバーグ。ジョン・ウィリアムスの音楽もとてもよいです。軽快でおもしろく深い映画です。真夏この映画をまた観たくなりました。

|

« 『アフターダーク』『シドニー!』 | トップページ | ゆらりふわふわ »

コメント

こんばんは chiikoさん

 自分の二面性についてですが。
 「地球の裏側はどうなっているのだろう?」と同じで
自分の事なんだけど まだ未知の部分があったりして
でもそれを知る事は容易じゃないから
面白くも楽しくもあるのかなぁと思います。

 でも
心が曇っていて 何も見えない時や
心が荒れていて 伝えたい事が伝えられない時や
心が疲れていて 誰かの肩をそっと借りる事もありますが。
この地球の様に青く澄んでいて
変化をしながらも 優しく丸く円を描いていたいなと思います。

投稿: あ~ | 2004.08.07 23:20

あ~さん、おはよう!
自分のことって知っているようで知らないことだらけですよね。
自分のことを知るというのがいまの私のテーマです。

心ってほんと地球みたいなもの。
自転して公転して宇宙のなかにいる。
私も優しく丸く円を描く心でいたいと思います。
どうもありがとう。では、また~

投稿: chiiko(あ~さんへ) | 2004.08.08 07:40

はじめまして、TBありがとうございます。
本当の自分って、自分にもわからないかも。
フランクはいろいろな自分になってみましたけど。
でもそれが原因でそこから抜け出せなくなってしまった。この映画はコメディだけど、ちょっと切ないですね。

投稿: FLUFFY | 2004.08.09 20:22

FLUFFYさん、初めまして。
記事を書くときにFLUFFYさんの記事に出会いました。
私はただ自分の個人的な感想を書いただけなのですが、FLUFFYさんの記事を読んで共感する部分が多かったです。
この映画はほんと楽しいけど切ないですよね。
人の心って何という感じ。
本当の自分って何という感じ。
コメント&TB、ありがとうございます。では!

投稿: chiiko(FLUFFYさんへ) | 2004.08.10 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/1140197

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」:

» キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [CINEMA e MUSICA di FLUFFY]
実際にあった事件元ネタにスピルバーグが監督した青春クライムムービー。 [続きを読む]

受信: 2004.08.09 20:17

« 『アフターダーク』『シドニー!』 | トップページ | ゆらりふわふわ »