« 『Arne』と『村上ラヂオ』 | トップページ | ひと風ごとに »

2004.08.25

『センセイの鞄』

川上弘美さんの『センセイの鞄』を読みました。
図書館に行ったら「人気本到着」という棚に置かれていました。
タイミングよく出会えて、読んでみたくなりました。
センセイの鞄って何なのか、まるで知らずに読みましたが、とてもおもしろく、ためになりました。
センセイと月子さんの淡く、激しい恋物語なのですね。
「くそじじい」
「月子さんよ、期待するなかれ」
「期待は厳禁、期待は厳禁」
「センセイ、好き」「ワタクシも、ツキコさんが好きです」
「センセイ、どこにも行かないでくださいね」「どこにも行きませんよ」
「ツキコさん、ワタクシはいったいあと、どのぐらい生きられるでしょう」「ずっと、ずっとです」
「センセイ」「ツキコさん」
月子さんのひとりごとと言葉、先生の言葉、センセイと月子さんの会話は素っ気なさそうで温かいです。
ありそうでなさそうな、でも、ほんとうにあってほしい物語。
最初はくすっと笑いながら読んでいましたが、次第にせつなく身にしみてきて、最後は涙がぼろぼろ出ました。
「いのち短し恋せよ乙女」だなと思いました。


|

« 『Arne』と『村上ラヂオ』 | トップページ | ひと風ごとに »

コメント

こんばんはchiikoさん。
川上弘美さんと言えば,「ニシノユキヒコの恋と冒険」は読みましたか?(読んでいたら「釈迦に説法」ですが)
十編の短編からなっていて,それぞれ主人公?中心人物?がニシノユキヒコという男性です。
ちょっと切なく,素敵な恋物語です。
僕はそれしか読んでいないので,「センセイの鞄」は今度読んでみます。

投稿: a-hyo | 2004.08.25 20:35

a-hyoさん、どうもこんばんは!早いですね。
私、川上弘美さんの本を読んだのはきょうが初めてです。
出遅れてますね。
「ニシノユキヒコの恋と冒険」という本があるんですね。
私、今さらながら川上さんのファンになりました。
今度ぜひ読んでみます。
ところで、リュウジと千穂の恋物語もせつないですね。
ただいま進行中です。ではまた!

投稿: chiiko(a-hyoさんへ) | 2004.08.25 21:02

chiikoさん、こんばんは!

これTVでやった時、見逃しちゃった。読んでみたくて図書館で探してるんだけど、なかなか巡りあえません。
やっぱり名前にドキッとしましたね(笑) 本名でもないのに。
どんな人なんでしょ? (^^♪

今月の30日の月は、ブルームーンっていうらしいですね。
晴れるといいな (^◇^)

投稿: つきのこ | 2004.08.25 22:19

「センセイの鞄」、僕も読みましたよー。素敵な作品でしたね。ツキコさんの、純情そうな不器用そうなキャラクターも好きでしたが、やっぱりセンセイがカッコ良かったなぁ。どうせなら、あんなオトナになりたいものです。

投稿: yuji | 2004.08.25 23:45

つきのこさん、おはよう!
TVドラマがあったのですね。知りませんでした。
原作を先に読むほうがよいかもしれませんよ。
私は小説の世界をしばらく大切にしておこうと思います。
ツキコさんはかわいく聡明で恋する人です。
絶対お勧めです。いつか感想を聞かせてくださいね。

ブルームーンは特別な月ですよね。
奇跡が起こるかも。楽しみです。ではまた!

投稿: chiiko(つきのこさんへ) | 2004.08.26 07:10

yujiさん、おはようございます!
ほんとびっくりするぐらい素敵な作品でした。
私にとっては教訓だらけでした。
センセイってオトナですよね。出会ってみたいです。
yujiさんはセンセイみたいなオトナになりたいのですね。
なってください。ではまた!

投稿: chiiko(yujiさんへ) | 2004.08.26 07:18

 こんばんは chiikoさん

 私も「先生の鞄」読みましたよ。
出版されて すぐに書店で見つけて あっという間に読み終えました。

 先生がツキコさんを子供扱いする場面に くすっときたり。
日常のとりとめもない所から 先生に惹かれていき
惹かれる恋心が 情景に浮かび 時に 読んでいる私まで 切なくなったり 胸がキュンとしたりしました。

 ちなみに 著者の川上 ひろみさんはクウネルで短編の連載をしていますよ。
そちらも なかなか良いですよ。

投稿: あ~ | 2004.08.26 18:54

あ~さん、こんばんは!
とうの昔に読んでいるんですね。
あっという間にってよくわかります。
私も借りてきて、ほんとあっという間に。
それぐらい小説の世界に入り込みました。
ほんと胸キュンですよね。

クウネルの短編はいつもさらっと読んでました。
今度はさらに深く読んでみたいと思います。
日経新聞の日曜日にもエッセイが連載されてます。
これもいつもさらっと読んでました。
さらっとしていて深いんですよね。
ではまたね。

投稿: chiiko(あ~さんへ) | 2004.08.26 20:29

( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

またまたおもしろそうな本です

それにもうすでに読んでらっしゃる方がたくさん居るし…

また探してこようっと。
いつもありがと♪

投稿: あんず | 2004.08.26 22:56

あんずさん、こんにちは!
この本、おもしろいですよ。
恋がしたくなりますよ。
ちょっとそれはまずいかしら。
図書館でもそろそろ借りられると思いますよ。
ではまた~

投稿: chiiko(あんずさんへ) | 2004.08.27 17:19

こんばんは、涼 です。

今日読みました。紹介頂き有り難うございます。
トラックバックをつけさせて頂きました。

投稿: | 2004.09.11 18:35

涼さん、こんばんは。
私のほうこそ私のココログを紹介していただいてありがとう。
『パレード』の感想も聞かせていただけるとうれしいです。
これからもよろしくお願いしますね。では!

投稿: chiiko(涼さんへ) | 2004.09.11 20:23

chiikoさん、こんばんは!

やっと、感想が・・・(笑)
時間のかかる人間なんです。ごめんなさいね、今頃。

パレードも一気読みです。
こちらは痛かったですね。自分の弱い面、ずるい面を「ゆう子ちゃん」に哀れまれたような気がしました。
これからも、のんびり書いていきます。思い出した頃にね(笑)

投稿: つきのこ | 2004.10.12 23:25

つきのこさん、おはよう!
「パレード」、読んだのですね。
痛いって、わかります。痛いですよね。
「センセイの鞄」とは違う切なさですよね。
「ゆう子ちゃん」って強いです。
私は励まされました。
「ゆう子ちゃん」ってもしかしたら誰の心のなかにもいるのかもしれませんね。
では、また!

投稿: chiiko(つきのこさんへ) | 2004.10.13 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/1278433

この記事へのトラックバック一覧です: 『センセイの鞄』:

» 川上弘美【センセイの鞄】 [徹也]
同じ著者の【パレード】を読むには本書から入った方が良かろうという単純な理由で読み始めた。 しかし、一期一会というか、人との繋がりを本当に大切にしたいと思える本だ。 [続きを読む]

受信: 2004.09.11 18:33

« 『Arne』と『村上ラヂオ』 | トップページ | ひと風ごとに »