« オールマイティ | トップページ | どこかの蝶々 »

2004.08.14

千回の夏

夏、真っただ中。身を焦がすほど暑くて自分が溶けてあふれてしまいそうだけど、やっぱり夏が好き。この夏を迎えられたのはとてもラッキーでハッピーなこと。私ひとりではとてもとても無理でした。「100万回生きたねこ」という本があるけど、私は千回夏を生きることができたらなと思います。

|

« オールマイティ | トップページ | どこかの蝶々 »

コメント

100万回生きた猫は、
自分が100万回生きている事を自覚してました。

過去生があるとして、自分はその記憶がありません。
ましてやそれが何度目なのかもわかりません。
ただ、社会的な評価や慣習や偏見に縛られず、
心豊かに生きることが大切な事だと思うようになりました。
でも、邪念はまだまだ山のようにあります。
あと、何万回 夏を過ごせばいいのか(笑)

投稿: LayBack | 2004.08.14 12:17

LayBackさん、こんにちは。
100万回生きた猫が自覚していたように人間も心の深いレベルでは自覚しているのかもしれませんね。
私もこれが何回目の夏かは記憶にありませんけど、きっとどこかには記憶されているような気がします。
私はいつも「何となくそう思う」ということで片づけてしまうのですけど、何となくそう思います。
言えることは、今この夏を生きていることは確かなので、大切に生きようと思っています。
私も邪念だらけです。邪念って人間らしくていいと思いますよ。神様ではないので。
コメントありがとうございます。ではまた!

投稿: chiiko(LayBack さんへ) | 2004.08.14 20:22

「100万回生きた猫」私はあの絵本の表紙画が大好きです♪

投稿: あんず | 2004.08.14 23:18

あんずさん、おはよう。
あの絵、いいですよね。
リンクを張っておきました。
よく見ると目が深みどりですね。
ではまた~

投稿: chiiko(あんずさんへ) | 2004.08.15 07:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/1190628

この記事へのトラックバック一覧です: 千回の夏:

» 『100万回生きたねこ』を読む [な〜んちゃって通信]
 昨日、佐野洋子さんの随筆を読んだら、気まぐれ通信さんが佐野洋子さんの「100万 [続きを読む]

受信: 2004.08.27 07:24

« オールマイティ | トップページ | どこかの蝶々 »