« 水瓶座の満月、『詩集:ラブ・カレンダー』 | トップページ | 夏に読みたい本・清水義範 »

2004.08.02

ひとりの月

月に微笑みました。月が微笑んでくれたかどうかはわかりません。
月はただそこに在って、燦然と輝いていました。
ひとりの月だと思いました。月はひとりでいてもさびしくないのだろうなと思いました。ひとりの月は動かない月。とても頼もしい存在。

|

« 水瓶座の満月、『詩集:ラブ・カレンダー』 | トップページ | 夏に読みたい本・清水義範 »

コメント

おはようございます。

昨日は遠くの花火を眺めながら、月をみていました。花火に負けないくらいの存在感がありました。

そしてカーテンをあけたままの(ブラインドー故障してそのままなんです)2階の大きめの窓から見た月あかりがとても綺麗で、幻想的でした。
なんだか夢の中での出来事のような気がするくらい綺麗でしたよ。

投稿: ぽっかぽか | 2004.08.02 06:25

僕の町も月が綺麗にみえましたよ。
走らせていた車を降りると、僕の影ができるほど明るかったです。
夜の影。僕らみんなの心の奥底にある本当の陰を見透かされているようでした。

投稿: a-hyo | 2004.08.02 08:29

おはようございます。tiopです。

月=頼もしい存在。なかなか斬新ですねそうゆう解釈。目からうろこです。確かに月はその光は儚げでも、どこか凛としていて存在感がありますね。

そうだ、リンクして頂いても全くかまいませんよ、むしろ嬉しいですv
こちらも、リンクさせて頂きますね。

投稿: tipo | 2004.08.02 09:09

ぽっかぽかさん、こんにちは!
遠くの花火と月を一緒に見たのですね。
月の存在感を感じたのですね。
私もベランダから遠くの花火を見ました。
この前のときは音が聞こえなかったけど、
昨夜は音が聞こえました。明るい花火でした。

月あかりは優しくパワフルですよね。
現実の中で夢見心地になれるのはとても幸せなことですね。では!

投稿: chiiko(ぽっかぽかさんへ) | 2004.08.02 11:31

a-hyoさん、こんにちは!
影ができるほどの月明かりがあるのですね。
月は何でも知っている。
本当の陰って見たいようで見たくないようで、
でも、月に見せてもらえるのならいいかも。
コメントありがとうございます。ではまた。

投稿: chiiko(a-hyoさんへ) | 2004.08.02 12:03

tipoさん、こんにちは。
私のこの発想は斬新でしょうか。
朝のわけわからない状態で書いたので自分でも意味不明なのです。
訪問&リンク了承&コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね。では、また!

投稿: chiiko(tipoさんへ) | 2004.08.02 12:15

chiikoさん、おひさです~。
おとといくらいから、月明かりを浴びながら眠っています。うーん、ロマンチック。
きのうは雲が出ていたけど、月も出ていて、
月のまわりの雲が虹色に輝いていました。
不思議な眺めでしたよ。幻想的。
夜は不思議の時間です。

投稿: かりん | 2004.08.02 15:14

こんばんは chiikoさん

 私もchiikoさんと同じで
月は きっと寂しくないと思います。
なぜなら 月が私達を見守っていてくれている様に
私達も 月を見守っているからです。
夜空を 見上げる時 きっと 皆
優しい顔をしていると思います。
それこそが 月にとっても嬉しい事だと思います。

投稿: あ~ | 2004.08.02 19:19

かりんさん、こんにちは!
月明かり睡眠っていいですよね。私もしてます。

月のまわりの雲が虹色に輝いていたのですね。
この前「月と虹とこの空に拍手」という記事を書いたら、
ミッ君さんという方から「月光の中に虹がかかることがある」という話を聞いたことがあるとのコメントをもらいました。
かりんさんが見た光景はそのことかもしれませんね。
かりんさん、それはよい知らせだと思います。
よかったですね。

夜はほんと不思議な時間ですね。
本当の自分と出会える時間ですよね。
私は早寝早起きだから、ちょっと損しているかな。
きょうは来てくれてどうもありがとう。では、またね~

投稿: chiiko(かりんさんへ) | 2004.08.02 19:20

あ~さん、こんばんは。
あ~さんのコメントを読んで私、大切なことを教わりました。
月と私たちはお互いに見守り合っているのですね。
どっちが主でもなく、どっちが従でもなくて。
いつも優しい顔で月を見上げていたいと思います。

あ~さんはとても素直で優しい心の目を持っていますね。
いつもどうもありがとう。では、またね。

投稿: chiiko(あ~さんへ) | 2004.08.02 19:33

chiikoさん、こんにちは。

「とても頼もしい存在」というとらえ方、とても新鮮です。思えば「月は儚い、寂しい」という印象はどこで持ってしまったのか、自分でもよくわかりません。夜中の月の光はとても青く、見ていると不思議な気持ちになってくるので、そのためかも知れません。
昨日の月も煌々と照っていました。「燦然と」という表現もいいなと思いました。今夜月を見るのが楽しみです。

投稿: 星空 | 2004.08.03 07:43

これらのフレーズ、心に響きました。

うかつにも涙が溢れてしまいました。

いつも( v^-゜)Thanks♪

投稿: あんず | 2004.08.03 09:10

星空さん、こんにちは!
「とても頼もしい存在」
私、この9文字を書く時にとてもためらったのですが、やっぱり感じたとおり書きました。
なんか自分でもちょっと変な表現かなと思っていました。
こんな短い文章なのに皆さん反応してくださって、私、とてもうれしくびっくりしています。

月に対する思いもそれぞれですね。
「煌々」というとらえ方も共感します。
今夜も月が見られるといいですね。
どうもありがとうございます。では!


投稿: chiiko(星空さんへ) | 2004.08.03 10:21

あんずさん、こんにちは!
きょうは朝なのね。
涙が溢れたのね。どうしたのかしら。
月はいつもあんずさんのことを見守ってくれていますよ。
だから、大丈夫。

カウンター見てくれてどうもありがとう。
みなさんがたくさん感想を寄せてくれたから
発見できたのでしょうね。
あんまり動かないからひっそり置いています。
どうもありがとう。では、またね~

投稿: chiiko(あんずさんへ) | 2004.08.03 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/1103152

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりの月:

» 8月の星空 [宇宙・天文サイト『星空への散歩』]
 おはようございます、テルテルです。  遅くなりましたが、今号では今月の天体現象 [続きを読む]

受信: 2004.08.05 08:09

« 水瓶座の満月、『詩集:ラブ・カレンダー』 | トップページ | 夏に読みたい本・清水義範 »