« 表現する日 | トップページ | 満月の夜 »

2004.04.06

満月の夜

月は満ち桜も満ちて思い満ち悲しい結末つゆほどもなし

|

« 表現する日 | トップページ | 満月の夜 »

コメント

…しずかに しずかに時は流れていく…
誰も気づかないで…

投稿: トシャ丸先生 | 2005.04.11 23:32

トシャ丸先生さん、おはようございます!
この短歌は、去年「悲しみ」をテーマにつくっていたときのものです。
あの頃の思いをもう一度思い出させていただきました。
あの頃、私には悲しみの結末はなかったのだなって。
過去の私から今の私へのメッセージがいま届いたような感じです。
どうもありがとうございます。

トラックバックどうもありがとうございます。
山桜。
誰も気づかないけど、気づくひともいる。気づくひとでいたいですね。
きょうもよい一日をお過ごしください。
ではまた!

投稿: chiiko(トシャ丸先生さんへ) | 2005.04.12 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/402989

この記事へのトラックバック一覧です: 満月の夜:

» ああ…だけどやっぱり山桜が好き… [あすなろの詩]
   ああなぜに君はそんなに麗しくて清楚なんだ                 [続きを読む]

受信: 2005.04.11 23:42

« 表現する日 | トップページ | 満月の夜 »