« ひとりの時間の日 | トップページ | プチ変化の日 »

2004.03.24

白い巨塔とブルーライトヨコハマと高校野球

TVドラマ「白い巨塔」は結局一度も見ないまま最終回を迎えた。
「白い巨塔」といえば田宮二郎、太地喜和子、山本学がすぐ思い浮かぶ私。
各キャストのイメージが私の中に強烈にインプットされていて、多分それは上書き不可能な気がして、新「白い巨塔」は見なかった。
大体において放映時間の夜10時には私、眠りについていてどうしたって無理だったのだけど。

きのうコンビニに行ったら有線で「ブルーライトヨコハマ」が流れていた。さらりと歌われていて、ああ、これもブルーライトヨコハマなのねと妙に納得。とてもよい歌です。

選抜高校野球も始まった。
高校野球は春夏、欠かさず見ていたけど、選手の年齢が私よりも下になるにつれ見なくなっていった。
今も時々見るけど、前ほどは熱中しない。選手たちはみな十代。

「昔はよかった」の回顧主義だけでは何も始まらない。
いつも今を感じて生きていきたい。
私も日々アップデートしていきたいです。

|

« ひとりの時間の日 | トップページ | プチ変化の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/345291

この記事へのトラックバック一覧です: 白い巨塔とブルーライトヨコハマと高校野球:

« ひとりの時間の日 | トップページ | プチ変化の日 »