« 山頂の日 | トップページ | セドナを思う日 »

2004.03.16

セドナという名の小惑星

セドナという名の小惑星が発見されたそうです。
NASAによると「1930年に冥王星が発見されて以来、最大規模の天体」で公転周期は1万500年。
「セドナ」という名前はイヌイット族の海の女神にちなんだそうです。

セドナといえばアリゾナ州セドナ。いつか行ってみたい場所。
にわかに現実味を帯びてきました。

|

« 山頂の日 | トップページ | セドナを思う日 »

コメント

セドナ! なんて素敵な名なんでしょう。
公転周期が1万500年というところも、すごい。

アリゾナのセドナは、私もいつか行ってみたい場所です。
どんなエネルギーが満ちてるのかな、と、今から想像してワクワクしています。

では、また!

投稿: あやっころ | 2004.03.16 23:37

セドナ=海の女神ですか。うーん・・・格好いいですね。

宇宙のことを考えると、今ここにいる事が、奇跡の何倍もすごい確率なのかなと思います。

アリゾナは、映画「アリゾナドリーム」を見たときから、妙に憧れていました。いつか行けるかな・・・?

投稿: つきのこ | 2004.03.17 00:25

あやっころさん、こんにちは。
すごい名前ですよね。
私はひそかにエオラと呼びたい。

あやっころさんもセドナは未体験なのね。
そこで私たち会うことになったりして。
夢は膨らみます。
では、またね!

投稿: chiiko(あやっころさんへ) | 2004.03.17 07:29

つきのこさん、こんにちは。
ほんと今ここにいることは奇跡を超えた奇跡ですよね。

私もアリゾナといえば「アリゾナドリーム」です。
上映当時はわけのわからない映画だなと思ったけど、
あの映画の感覚は私の中にいまだにリアルに残っています。
「アリゾナドリーム」がまた見たくなりました。

では、また!


投稿: chiiko(つきのこさんへ) | 2004.03.17 07:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2405/306182

この記事へのトラックバック一覧です: セドナという名の小惑星:

« 山頂の日 | トップページ | セドナを思う日 »