« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004.02.29

未知との遭遇の日

きょうは4年に1度の2月29日。
未知との遭遇の日です。
飛び交う情報に直観的にコミュニケートしていきます。

| | コメント (2)

2004.02.28

風をキャッチする日

きょう、あすと月が双子座にいます。
双子座は自由な風のエネルギーをもたらします。
超スピードで駆け抜ける風、
ゆったりとただよう風、
自分に合った風をキャッチします。

| | コメント (0)

2004.02.27

宇宙の宝石箱

すばる望遠鏡が「宇宙の宝石箱」をとらえました!
それは「ろくぶんぎ座A」という美しい色の銀河で、それはそれは長い間にわたって星を生み続けている銀河だそうです。
生まれたばかりの星、若い星、年老いた星。
そこはさまざまな星が集う場所。
「宇宙の宝石箱」って素敵な言葉だなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

充実の日

きょうは充実の日です。
スケジュールは埋まっています。
1つ1つきちんと済ませていって
真に充実の日とします。

| | コメント (0)

2004.02.26

ホームベースの日

きょうはホームベースの日です。
やっぱり家は落ち着きます。
いつもの人といつもの場所で何ごともなく過ぎていく日。
なじむっていいなと思います。

| | コメント (2)

2004.02.25

美しい日

きょうから月は牡牛座とともにいます。
美しい日です。
ビューティフル・マインド
ビューティフル・ハート
ビューティフル・ボディ
すでに持っているものに磨きをかけます。

| | コメント (0)

2004.02.24

落ち着く日

きょうは落ち着く日です。
心がほっとできる場所へ自然と向かいます。
きょうは癒しのパワーも高まります。

| | コメント (2)

2004.02.23

交通整理の日

きょうは交通整理の日です。
スタート直後は少々渋滞ぎみです。
慌てず力まず、ささっと自分の道を探します。

| | コメント (2)

2004.02.22

押せ押せの日

きょうは何だか押せ押せの日です。
自分で決めたタイムスケジュールなんだから、
そのとおりやり通します。

きょうからアクセサリー展が始まります!

| | コメント (0)

2004.02.21

ウィッシュリスト

きょうの意外なシンクロ。
私は「ウィッシュリスト」を「願い事リスト」と訳しました。
そして、ある人は「願望の羅列」と訳しました。
同じようでいて同じじゃない言葉のニュアンス。
使う場面が違うと、言葉ってこうも変わるということですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

体を動かす日

きょうは体を動かす日です。
美と健康は自力で動いて獲得します。
まずは準備運動から、ゆっくり体をほぐしていきます。

| | コメント (2)

2004.02.20

俊輔選手、結婚おめでとう!

中村俊輔選手が結婚していたらしいです。
それもオマーン戦の日に入籍とのこと。
おめでとうございます。
そのことを思うと、俊輔選手にとってあの日は絶対決めなきゃいけない日だったのね。
やっぱり彼には勝利の女神がついていたみたい。

私、俊輔選手を見るたびに「たけしの誰でもピカソ」に出ていた明和電機の人を思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

神秘的な日

きょうは魚座の新月。神秘的な日です。
無意識の奥の奥まで入り込んでみると
ほんとうの願い事が見えてきます。
不思議な日です。

| | コメント (0)

2004.02.19

きのうの主役は俊輔!

きのう命からがら日本代表が勝ちました
前後半通じて95分間いつまでたっても点が入らない展開に、もうだめかも~と思いつつも応援し続けたかいがありました。
きのうの主役は中村俊輔選手だと思います。
前半にPKを外して、もう顔面蒼白だった彼。
でも、最後の最後まで一生懸命がんばりましたよね。
全力でボールを追いかけ、繰り返しサイドから、コーナーからボールを上げ続ける姿には、ほんと「必死」という文字が表れていました。
スポーツは結果がすべて。
ただ頑張るだけでは「ああ~、よくがんばったね」で終わってしまいます。
でも、頑張るって、だれにでもできそうでできないこと。
頑張って、実力を発揮して、勝利をつかむのが一流の選手だと思います。
最後まで頑張り続けた俊輔選手に勝利の女神が微笑んだ!
次も健闘を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分とともにいる日

新月直前、きょうは自分とともにいる日です。
あの細い月を見ると、ほんと心細くなります。
きのうは仲間とともにいて楽しかったけど、
きょうは自分とじっくりつき合ってみます。

| | コメント (0)

2004.02.18

ドイツへの道

FIFAワールドカップアジア1次予選「日本対オマーン戦」が今夜行われます。
きょうは2006年ドイツ大会への長い道の最初の一歩の日。
よーく考えてみれば日本代表が予選を突破したのは、わずか1度しかありません。
私、ドイツ大会観戦を存分に楽しみたいので、どうか日本には出場を勝ち取ってほしいです。

個人的には楢崎選手と柳沢選手を応援しています。
健闘を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインの次はひな祭り

バレンタインデーが過ぎたと思ったら、街は早々とひな祭りモードに突入していた。
何なのよ、この移り身の速さは。
といいつつも、私、バレンタインデーよりひな祭りのほうが断然好き。
私が幼い頃ともに過ごしたひな人形は、今でも実家の押し入れの中でひっそりと眠っているはず。
人形の顔なんか妙にリアルに覚えている。
箱の中からひとつひとつ取り出す母の姿もね。
ひな祭りが来ると春だなって思う。
春うらら。新しい出会いが待っている予感!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲間とともにいる日

きょうは月が山羊座から水瓶座にいます。
仲間とともにいる日です。
新月が近づいて心細くなったりもします。
気の合う仲間とのおしゃべりは心をなごませてくれます。

| | コメント (0)

2004.02.17

目指す日

きょうは目指す日です。
自分が最も輝きたい場所を目指します。
行きたいと心から願えば道は開けてきます。

| | コメント (0)

2004.02.16

明け方の月

けさ明け方の月を見た。
明け方の三日月を見ると、ほんとうに心がどきりとする。
暗闇に浮かぶ三日月は影の私。
どうしても逃れようがなく、離れがたい私。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仕事の日

きょうは仕事の日です。
週末は思いきり自由に遊んだので、
きょうからは思いきり仕事をします。
やるべきことのある幸せ!

| | コメント (0)

2004.02.15

地下鉄日比谷線

きのう久しぶりに地下鉄日比谷線に乗った。中目黒から広尾までのたった2区間だけど。
1年前までは通勤で毎日のように乗っていたが、今は在宅ワーカーなのでたまにしか乗らなくなっていた。
日比谷線って駅と駅の間が恐ろしく長いなと感じた。
あれっ、前もこんな感じだったのかと昔の記憶を必死でたどる私。
恵比寿から広尾までの間だらたらと運行が続き、いつまでたっても次の駅の明かりが見えなくて私はたまらなく不安な気持ちになった。
このまま電車がどこかに行ってしまうのではないか。
運転手がどこか別の切り換えポイントを押してしまって、闇の世界へ迷い込んでしまったのではないか。
ほかの乗客の様子を見ても、だれも不安そうな人はいないし、平然としている。
だからこそ私はますます不安になっていった。
ほとんどやみくろの世界。
しかし、あっけないほど突然に次の駅の明かりが見え、電車は減速して止まった。
ああ、この安堵感。電車がとまるべきところでとまる幸せ。
私は席をたち、急いで出口へと向かった。
うーん、私、もしかすると閉所恐怖症なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートの日

きょうはスタートの日です。
新しい風が吹いています。
新しい道が開けています。
チャンス到来! レッツゴー!

| | コメント (0)

2004.02.14

ハートを伝える日

きょうはハートを伝える日です。
シンプル&ストレート&ソフトに伝えます。
スリーS作戦。何かうまくいきそうな感じです。

| | コメント (0)

2004.02.13

『私の個人主義』

『私の個人主義』夏目漱石著・講談社学術文庫

NHKの「その時歴史は動いた」は時々見ている。松平アナが腕を組みがら「さあ、きょうのその時がやってきました」と言うのがお決まりの番組。
先週2月4日放送の『近代ニッポン人が誕生した~明治の文豪たちの「生き方」革命~』では夏目漱石・正岡子規・与謝野晶子を取り上げていた。
3人を取り上げていたので何か焦点がぼやけた番組構成だなと思いつつも、最後に引用された夏目漱石の言葉に私ははっと胸を突かれた思いがした。
下記は番組中に引用された言葉。
私の個人主義(大正3年11月25日)

「もしあなた方のうちで、すでに自力で切り開いた道を持っている方は例外であり、もしそうでないとしたならば、どうしても、自分の鶴嘴で掘り当てるところまで進んでいかなくってはいけないでしょう。ああ、ここに俺の進むべき道があった!ようやく掘り当てた! こういう感投詞を心の底から叫びだされる時、あなたがたは始めて心を安んずることができるのでしょう。」

偶然にも我が家には漱石の『私の個人主義』があったが、私は長い間それを読まずにいた。
それは夫の所有する本で、私は過去何度もそれを読もうとして挫折していた。
放送後すぐさま本を開き、引用の箇所を探すと、そこには既に線が引かれてあった。しかもその部分にだけ。
私がこの本に真に出会うのに20年近くかかったということだ。

番組での引用はかなり省略されていて、原文を読むと、漱石の言う「個人主義」がどんなものであったかがさらによくわかる。
彼がどんな覚悟で小説を書き、生きていたかも。
彼は霧の中たったひとり孤独を感じつつも鶴嘴を振るい、前に進み続けた人なのだと思う。
私も鶴嘴で掘り当てるところまで進みたい。心安んじるその時を求めて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

触発の日

きょうは「13の月の暦」黄色い倍音の戦士の日です。
日々いろいろな場面で大小さまざまな触発が起きています。
謙虚にそして大胆に自分を表現していきます。

| | コメント (0)

2004.02.12

見送る日

きょうは見送る日です。
人はそれぞれ必要とされる場所に旅立っていきます。
再び出会える日を楽しみに
行ってらっしゃいと見送ります。

| | コメント (0)

2004.02.11

イルハンよりイエロ

トルコ代表のイルハン王子がやってきた!
さきのワールドカップでは後半以降、特に日本の女性たちを中心に彼への注目が異様に盛り上がっていった。
女性誌でも特集を組んでいたし、ワイドショーでも騒いでいた。
私も彼の容姿にはうっとりします。
ちょっと身をかがめてプレーする姿、ゴールを決めた後のあのキュートな笑顔。
でも、私はイルハンよりスペイン元代表のイエロ選手が好き。
レアル退団後、彼はどうしているんだろう。日本に来てくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ピュアな日

きょうは月が天秤座にいます。ピュアな日です。
自分を偽らず率直に生きていきたい。
きょう私はピュアな魔法使いになりたいです。

| | コメント (0)

2004.02.10

パウダーファンデの逸品

私にとってパウダーファンデの逸品といえばセレヴィーナの「パウダーヴェイル」。すでに3度リピートしています。
使用する順番は、ドクター・ウィラード・ウォーターのウォーターファンデーションをつけた後、セレヴィーナの専用ブラシ「シュールブラシ」を使ってこのパウダーヴェイルをつけています。
(この専用ブラシもまた逸品です)

これ、よいです。
つけ心地はとても軽くてナチュラル、そしてほどよいカバー力。しみもくすみも一瞬にして消し去ってくれるかのような不思議な使用感。
私はピンク01のカラーがお気に入り。
リキッドファンデをつけたくない日には、このパウダーファンデだけで過ごします。
まさに魔法のヴェイルをかけてくれる逸品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何物にもとらわれない日

きょうは何物にもとらわれず
自由に空を歩く日です。
歩くたびに新しい道ができていきます。

| | コメント (0)

2004.02.09

分かち合う日

月が乙女座にいます。きょうは分かち合う日です。
自分が得た知恵を人と分かち合います。
知恵が拡大し、新たな知恵を生み出します。

| | コメント (0)

2004.02.08

渦中を楽しむ日

きょうは渦中を楽しむ日です。
気づいたら自分が渦の中にいた。
そういう時にはその渦を楽しんでみます。

| | コメント (0)

2004.02.07

ハートをつなぐ日

きょうはハートをつなぐ日です。
「13の月の暦」はきょうから新しい月「銀河の月」のサイクルに入ります。
内と外を調和させる月です。
きょうからまた始まっていくはらはらドキドキの予感!

| | コメント (0)

2004.02.06

どんと来いの日

きょうは満月。
じたばたしないで、どんと来いの日です。
やるだけのことはやった。
その結果が事実としてあらわれます。

| | コメント (0)

2004.02.05

チェックディスクに7時間

最近、Windowsの立ち上げが何となく遅いし、立ち上げの直後に「深刻なエラーから復旧しました」とかいう不気味なメッセージが頻出していたので、XPの「チェックディスク」をすることにした。
半年前OSの再インストール直後にもディスクのチェックはしていて、たしかその時はすぐに終わった記憶があった。
だから、きょうも「ディスクデフラグ」は時間がかかりそうだけど、「チェックディスク」ならば大丈夫だろう……という甘い考えで、やってしまった。
オプションで「不良セクタをスキャンし、回復する」というのを選んだのが幸か不幸か、終わらない、終わらない。
フェーズ1、2、3までは順調に進んだけど、フェーズ4に来て、進捗状況を示す棒グラフの動きがぱたっととまり、
結局、終了まで7時間かかってしまった。
美容院の予約をしていたのでそのまま出かけたけど、帰ってきてもまだ終わってない。
この半年間にあまりにハードディスクを酷使し過ぎたということなの?
このブラックボックスの中でひそかに混沌が渦巻いていたのかと思うと、あな、おそろしや。
とりあえずその後、何の問題も起きず順調にマシンは動いているので、「チェックディスク」は成功したと思っている。
マイパソコン、このまま何事も起こりませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

私が主役の日

きょうは月が蟹座から獅子座にいます。
私が主役の日、大いに目立ってよい日です。
自分の存在を心から喜びます。

| | コメント (0)

2004.02.04

アットホームな日

きょうは月が蟹座にいます。蟹座は家庭や母親の象徴です。
自分がいたい場所にいます。
アットホームな日。守り守られ、なごみます。

| | コメント (0)

2004.02.03

招福の日

きょうは節分、節目の日。
自分を開き、福を招き入れます。
鬼は外!福は内! 春間近です。

| | コメント (0)

2004.02.02

ペースメーカーは昨年の覇者

きのう別府大分毎日マラソンを見た。
意外なことに最後まではらはらどきどきの展開となり、スタートからゴールまでテレビ中継に目が釘付けだった。

今大会はアテネオリンピックの選考対象レースではなく、当然、国内出場選手も地味、海外招待選手も目立った選手はいなかった。
何の期待もなく日曜の午後、ぼぉーとマラソンを見始めた私。

レース直前・直後には「旭化成の三木選手に注目!」とかいって放映するTBSは騒いでいたけど、レース前半に早々と三木選手がリタイアすると、今度はマラソン初挑戦の徳永選手に焦点を合わせて、「木村拓哉を彷彿とする甘いマスク」とかいって紹介を始めた。

何よりおもしろかったのは、今大会のペースメーカー2人のうち1人が去年の優勝者ラマダーニ(タンザニア)選手だったということ。
普通、そういう人をペースメーカーにはしないと思うんだけど、どうしてこんなことになっちゃったんだろう。
さらにおもしろいことに、普通、ペースメーカーというのは25キロとか30キロでさりげなくレースをやめるのに、ラマダーニ選手は40キロ近くまで先頭を走り続け、ほとんど優勝モードで走っていた。
そして、40キロ近くに突然、走るのをやめてしまった……。

彼としてはいい走りができていたし自分より先に行く選手もいないし、優勝したかったんじゃないかな。
別に故障したようでもないしアクシデントというわけでもなさそうだった。多分コーチに、もう走るのをやめなさいとか言われたのかもしれない。
ペースメーカーが優勝するわけにもいかないし、いろいろな事情があったのだと思う。

そこで急展開、それまでピッチ走法で地道に走っていた武田選手が2位から1位へ、そして途中までラマダーニ選手とトップ争いを続けていた徳永選手も3位から2位となり、そのまま一般参加の日本人選手が1位、2位でゴールテープを切ることになった。
何か後味が悪いような、いいような、不思議なレースとなった。

マラソンって、本当何が起こるかわからない。42.195キロ走ってこそのマラソン。人生そのものという感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分の気持ちを大切にする日

きょうは自分の気持ちを大切にする日です。
ハートからのコミュニケーションって、
多分そういうことだと思います。

| | コメント (0)

2004.02.01

風になる日

きょうは風になる日です。
自分が得た知恵や情報を風のように伝える人となります。
伝え方は人それぞれです。

| | コメント (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »