2016.07.18

またまた昔住んでいたところを見に行ってきました。

Ie_2

お久しぶりです。海の日、皆さん、お元気ですか。私はおかげさまで元気です。

三連休、最終日ですね。いかがお過ごしでしたか。

私は、この4月から新しい仕事を1つ始めて、さらに新しい資格取得の勉強も始めて、とはいえ、ずっと続けていることもありがたいことにあってということで、ここまで何とか元気に駆け抜けてきたなあという感じです。

6月末には愛媛にも帰省して、大島に家族旅行もしてきました。

それで、この三連休は、がんばってきたご褒美みたいにぽっかり空いた開放区。のんびりできました。

昔住んでいたところを見に行ってきました。

今までも2回くらい記事を書いています。

http://chiiko.cocolog-nifty.com/chiiko/2012/05/post-5ab6.html

大学を出てから上京して、1年9カ月住んでいた、小さくてかわいいコーポ。夢生まれいづるところ。

もしかしたら、もうなくなっているかあな、いやいや、まだまだ大丈夫、

そんな心配と期待を込めて見に行きましたら、まだちゃんとありました。

うれしかったです。心、飛び跳ねましたね。

今回は写真は撮りませんでした。そっと心に仕舞っておいたほうがいいかなと思って。

短い期間でしたが、いろいろあったところです。あの頃、思い描いた将来はどこに行ったのかな。

夢の姿形は変わったけれども、夢は叶っているんだと思います。未来は今ここにある。

私は今の私が好きだし、昔の私も好き。だから未来の私もきっと大好き。そんな思いに包まれました。

次、見に行くのはいつかな。また元気に再会したいです!

きょうもよい一日を!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016.03.30

2016年「最後の春休み」は口ずさまないけれど。。。

Saigono


こんにちは。お久しぶりです。お元気ですか。おかげさまで私は元気です。

昨年も今頃、ブログ記事を書いています。

⇒2015年「最後の春休み」ふたたび。。。

1年、生きてきたんだなあと思います。

ここ最近の年度末は、来年度の仕事どうなるか、年度更新するかしないのか、年度越えなるかならないか、いろいろ考えて動かなければならない時期なんですよね。

プラス、それを見越して、愛媛への里帰り計画も立てて、というのが恒例です。

心も体も頭も、綱渡りするのにフル回転。まあ、人生を進めるのは、大変なことなんです。

それが里帰りする頃には、一応すべて決着するものは、あるべきところに落ち着いている。

不思議なものですね。

─────── ◇ ───────

今年も、来年度のことが大まか決まって、今、最後の春休みを過ごしています。

(今年度の仕事をまた来年度もできる運びになって、プラス、新しい仕事も1つ、始めます)。

それで、きのうは春の里帰りも終えて、再び東京に戻ってきました。

─────── ◇ ───────

私にとってのふるさとは、母なんだなあと、今回、改めて深く思いました。

母がいるから、そこに帰るところがあるって。

─────── ◇ ───────

若い頃は話せなかったこと、なぜあの時、結婚したか、この人を選んだか、なんて話もできるようになって。

また次、帰った時には、また新しいことを話せるようになっている予感がしています。

それを楽しみに、4月からがんばっていこうと思っています。

─────── ◇ ───────

皆さんの春休みは、いかがですか。

よい春休みを過ごしてくださいね。

きょうもよい一日を!

─────── ◇ ───────

◆追伸◆

ユーミンの最後の春休み、今年はまだ口ずさんでなかったのですが、昨年の記事を読んだら、また口ずさみたくなりました。

OLIVE
OLIVE

青春の忘れ物は、まだまだ健在です!

─────── ◇ ───────

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2015.11.11

自分ひとりで

自分ひとりで
幸せになっちゃって
思っているのは
私だけかな

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2015.09.24

オフコース「秋の気配」聴きました。

お久しぶりです。お元気ですか。私はおかげさまで元気です。

シルバーウィークに?!愛媛に里帰りしていました。

天気は初日土砂降りで、後は雨上がる。ずっと秋晴れでした。

ふるさとは彼岸花満開で、コスモスも咲き始めてましたよ。カンナの花も見かけました。

途中から夫も合流して、四国カルスト越えして高知旅行も楽しみました。

過ぎてみれば、あっと言うの六泊七日。

母を元気づけたい、助けたいと思って、できるだけのことを精一杯しました。

でも、もっともっと母のためにできたんじゃないかという心残りも今、ありますね。

結局、励まされて元気づけられたのは私なんですよね。

最後、空港で母とガラス越しにハイタッチして別れた時は、どうしようもなくせつなかったです。

また帰るけんね、元気で会おうねと再会の約束をして、涙目の笑顔でバイバイしてきました。

このせつなさといとおしさを、力に変えて、また生きていきたいと思いました。

─────── ◇ ───────

SELECTION 1973-78
SELECTION 1973-78


それで、せつなさといとおしさといえば、オフコースの「秋の気配」でしょう。

帰省は飛行機なので、機内放送で「秋の気配」聴けるんじゃないかと思っていたら、ドンピシャで聴けました。

行きも帰りも聴いたので、今でも心のなかで鳴り響いてます。

遠い昔に買ったLPSELECTION 1973-78があります。これは名盤でしょう。
B面最後の曲が「秋の気配」です。

特別、好きなフレーズを記しておきますね。

あれがあなたの好きな場所  港が見下ろせるこだかい公園
「あのうただけは ほかの誰にも うたわないで ただそれだけ」
大いなる河のように  時は流れ 戻るすべもない

─────── ◇ ───────

この歌は、恋の歌なんでしょうね。でも、母と娘の歌としても、今の私には聴こえます。

たそがれは風を止めて

ちぎれた雲はまたひとつになる

そんな奇跡を信じたいです。

きょうもよい一日を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.05.23

エニカの腕時計が復活しました!

Enicar

きのう、とてもうれしいことがありました。祖母の腕時計が復活したのです。それはエニカという舶来?!のスイスの時計で、もう50年も60年も前の時計だと思います。エニカ時計は、その昔、日本でもよく売られていたそうで、シンプルで実用的な普通の時計です。3年前に実家に帰った時に私が見つけて、「もらっていい?」とお願いして、母から祖母の形見を譲り受けました。普通がとても特別に思えたんですよね。

その後、飛行機で松山と東京を2度目に往復した時に、気圧の関係でしょう、ガラス部分が飛んでしまって修理に出すことに。そのまた後には、今度は東京でもガラス部分が飛んでしまって、2度目の修理に出すことに。

そして、一たんは直ったものの、やがて、秒針がある日、動くなくなってしまったのです。

このエニカ時計も、まさか田舎から東京に来るとは思ってなかったでしょう。故郷を出たくはなかったのかもしれません。私が無理いって東京に連れ出したから壊してしまったと後悔したけど、後悔先に立たずでした。

もう何十年も前の古い時計だし、私が飛行機に乗ったりしたから、もうだめだろうなとあきらめかけていたんです。

でも、この5月に、やはり復活させたい、多少費用がかかっても、もう一度動いてほしい、祖母の時計を身につけたいと思うようになり、近くの時計屋さんに修理をお願いしていたのです。

時計屋の方は、この時計、見た目は何ともないけれど、中が相当汚れているから、メンテナンスしたほうがいいですと勧めてくれたので、2週間ほど預けて、中のクリーニングも含めて、修理をお願いしました。

この2週間は、大丈夫と思う気持ちと、もう無理かもなという思う気持ちが半々あって、落ち着かなかったのですが、修理が終わりましたと連絡をいただき、対面して、動いているのを確認した時には、ほんとにほんとにうれしかったです。

母を勇気づけるためにも、どうしても復活したかったのです。祖母の元気をもっと思い出したかったのです。

今、再び復活したこのエニカ時計。よくよく見ると、土星がシンボルマークになってます。リングよ回れ。現実を生きてってことですよね。このまま私が持っていていいものか。母に聞いたら、私が持っていていいと言うに決まっているんですが、、、聞いてみようと思っています。

きょうもよい一日を!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

«2015年「最後の春休み」ふただび。。。